齋宮竹野神社

P8120185
齋宮竹野神社(いつきのみやたかのじんじゃ)      京丹後市丹後町宮
P8120195
二の鳥居
P8120199
三の鳥居
P8120204
中門
P8120208
拝殿
P8120215

P8120213
本殿 (天照大神) 摂社 斎宮神社 (建豊波豆羅和気命・竹野姫命・日子坐王命)
P8120205
末社 門斎神社(櫛磐間戸命)
P8120206
末社 伊豆神社(天児屋根命)・稲荷神社(宇賀能魂命)
P8120197
厳島神社(市杵島姫命)
P8120218
野々宮神社(野槌命)

證誠神社

證誠神社(しょうせいじんじゃ) 神戸市須磨区権現町1-3-2

永延元年(987)九月第六十代一条天皇の御代、須磨の浦の真南に当たる紀州熊野の大神を勧請し、妙法寺川沿岸の大手・東須磨・板宿・野田・駒ヶ林の
五ヶ村の氏神として創祀される。
寿永元年(1182)須磨の地に御遷都せられ、徳川の代に須磨聖霊大権現と称せられた。
明治初年證誠神社と改め、明治十四年郷社(須磨区内唯一の神社)となり、須磨地域一円の守護神としてその御神徳を崇敬せられ現在に至る。
当神社の祭日には必ず少し雨が降るため、「しょぼしょぼ権現降る長田、生田祭りは降らぬ事無し」
と今もなお言いならわされている。
神戸市内屈指の古社である。

鳥居

拝殿

本殿 祭神:五十猛命

蛭子命 大己貴命 事代主命 素盞鳴尊

大国主命
末廣稲荷

三社神社

三社神社(さんじゃじんじゃ 大阪市港区磯路2-18-23
三社神社は元禄11年11月伊勢桑名の人市岡与左衛門宗榮が当時海浜の現氏子地域開拓にあたり工事の安全と成就を祈りこの地に勧請したもので、同13年完成とともに市岡神田十の割(弁天町五丁目三番地)に神域を劃し社殿を建立。永久にこの地住民の守護神として奉斎した。市岡新田は寛延三年大阪市南区炭屋町大阪十人両替商の一人辰巳屋和田久衛門の所有に移ったので祭事は和田家に引継がれ明治に至った。神社制度の確立とともに明治五年村社に列し、境内地二〇七坪余は和田家の寄付により神社の所有に帰した。
拝殿
本殿 祭神:天照皇大神・豊受大神・住吉大神・熱田大神・斎主大神・秋葉大神
大海神社
柿本神社
稲荷神社

関蝉丸神社下社

 関蝉丸神社下社(せきせみまるじんじゃしもしゃ) 大津市逢坂1丁目15-5
拝殿
 内幣殿
本殿  祭神:豊玉姫命
 中臣稲荷神社
関の清水    関清水神社

近江名所図会 「関清水 石清水」

今八町の蝉丸の社内にあれども、長明『無名抄』に、その時すでに水かれたるよし見えたれば、今さだかにそれとも思われず。されども八町明神前の町を関寺清水町といへばこの辺とは見えたり。

『古今』雑体       君が代にあふ坂山の石清水こがくれたりと思ひけるかな  忠岑

この歌にて見れば、茂みたる木陰にある岩間などより涌き出たるなるべし。

『拾遺』秋  延喜の御時、月次の御屏風に

                           逢坂の関の清水に影見えて今やひくわん望月の駒  貫之

貴船神社  天満宮
大神宮神社

関蝉丸神社上社

関蝉丸神社上社(せきせみまるじんじゃかみしゃ) 大津市逢坂1-15-6

近江名所図会 「関大明神蝉丸宮」
せみ丸の事は下に論ずべし。この山中の町より八丁の間は、関清水明神とともに並せ祭る。上事九月二十四日。但し二十一日より清水明神へ神輿をうつし奉り、二十四日またこの社へ還御あり。これ神事なり。いずれを御旅所ともわけがたし。
拝殿
本殿

祭神:猿田彦神・蝉丸大神