チュクチ

dsc04413

北極海に面した地域にはツンドラ地帯が広がる。
短い夏のあいだは草やコケ・地衣類が育つが、残りの季節は氷雪に覆われる。
そこにはトナカイを飼う遊牧民と、海岸地帯でアザラシ類やクジラ類を狩猟する人々がくらす。チュクチは、19世紀末において内陸部でトナカイ飼育を整形基盤とする「トナカイチュクチ」と、海岸部でセイウチ猟を中心として生計をたてる「海岸チュクチ」とに二分されていた。
現在も、ふたつの生業形態は維持されている。

dsc04434
トナカイチュクチ
dsc04435

dsc04436

dsc04439

dsc04430

dsc04423

dsc04431

dsc04428

dsc04429

dsc04414

dsc04427

dsc04426

dsc04416

dsc04442
海岸チュクチ
dsc04412

dsc04443

dsc04444

dsc04446

dsc04445

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中