幸神社

p1303894
幸神社(さいのかみのやしろ) 京都市上京区寺町今出川上ル西入.ル幸神町303

日本最古の縁結びの神として知られる当社の祭祀は、遠く神代に始まり、天武天皇の白鳳元年(661)に再興され、平安京創建時(794)桓武天皇により、皇都の東北の鬼門除け守護神として御造営されました。
平安京造営時には社名を「出雲路道祖神」と云い、江戸時代の初め現在の地に御遷座された際「幸神社」と改められました。
主祭神に祀られる猿田彦大神は、当社に伝わる道祖伸信仰と習合せられ、古くより霊験あらたかな縁結びの神として崇められています。
そして、相殿神に祀られる天鈿女命は、神代随一の踊り手で芸能の始祖としてしられ、また歌舞伎の創始者である出雲の阿国が当社の稚児、巫女として仕えた故実により、芸能上達を願う人々の崇敬を集めています。
本殿東側の壁に祀る三番叟(御幣を担ぐ猿の神像)は、御所内裏の東北隅の猿ケ辻に祀られる猿の神像と共に皇都を護っています。
表鬼門である東北の空を雲上にて眺望し、疫上、悪鬼、邪気等の侵入を防ぐ姿を顕しています。

p1303893
皇城鬼門除 出雲路幸神社
p1303892

p1303856
拝殿
p1303858
本殿 祭神:猿田彦大神
相殿神:天之御中主神・天照大神・瓊瓊杵尊・少彦名神・可美葦牙彦舅尊・大国主命・事代主命・天鈿女命
p1303859
絵馬:御幣を担ぐ神猿
p1303884
三番叟
p1303874
石の神 御石 疫社:素戔嗚尊・大己貴尊・寄稲田姫命・八嶋士双命・五十猛神
p1303870
孔雀宮・金毘羅大権現。八幡大神
p1303868
稲荷神社:五社大明神・初寄大明神・岡元大明神・幸上大明神・山田大明神
p1303867
厳島神社:市寸島比賣命
p1303873
春日社:天児屋根命・太玉主命 淡嶋社:少彦名大神
天満宮:菅原道真 三宝大荒神(竈神社):歳神・澳津彦命・興津姫命
稲荷社:天穂日命・大気津姫命・三穂津姫命
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
三天社:天照皇太神・健甕槌命・大国主命

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中