化野念仏寺

化野念仏寺(あだしのねんぶつじ)  京都市右京区嵯峨鳥居本化野町17

華西山東漸院と号する浄土宗の寺で、境内には付近から出土した多数の石塔や石仏が立ち並んでいる。
化野は古くから鳥辺野、蓮台野とともに葬地として知られ、
誰とても とまるべきかは あだし野の
草の葉ごとに すがる白露
という西行の歌にもあるように「化野の露」は、人生の無常の象徴として和歌などで広く使われている。
寺伝によれば、弘仁年間(810~824)に、空海上人がこの地に葬られた人々を追善するため、小倉山寄りを金剛界、曼荼羅山寄りを胎蔵界に見立てて千体の石仏を埋め、中間を流れる曼荼羅川の河原に五智如来の石仏を立て、一宇を建立して五智山如来寺と称したのが始まりといわれている。
当初は真言宗であったが、鎌倉時代の初期に法然上人の常念仏道場となり浄土宗に改められ、念仏寺と呼ばれるようになった。
正徳2年(1712)に寂道上人が再建したといわれている本堂には、本尊の阿弥陀如来坐像が安置されている。
毎年8月23、24日に行われる「千灯供養」では、八千体にも及ぶ無縁の石仏等に灯が供えられ多くの参詣者でにぎわう。                                               京都市

貞子元之墓  角倉素庵

角倉素庵(1571~1632)は、豪商・実業家として名を馳せた角倉家に生まれた。
父は角倉了以(1554~1614)である。
保津川の開削や高瀬川の開通、朱印船貿易など数々の大事業に父の了以と共に携わり、了以の没後は徳川家との関係を深め、淀川過書船も支配して角倉家の地位を磐石なものとした。
一方では当時儒学の権威であった藤原惺窩について朱子学や和歌を学び、本阿弥光悦や俵屋宗達らとも交流をするなど、文化教養面でもその才能を発揮した。
その功績に、素庵自らが企画した、文学や謡などの活字本である「嵯峨本」の刊行が挙げられる。
その装丁の美しさや料紙の見事さは芸術の域に達している。
特に慶長13年(1608)に刊行された嵯峨本「伊勢物語」は、文学者としては挿絵の施された最初の印刷本である。
活字の原型は能書家として知られる素庵自らが手掛けたともいわれている。
角倉家の菩提寺である二尊院ではなく、この地に墓があるのは、不治の病を患ったため、自ら葬送の地として知られた化野を選んだとされる。                                 京都市
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中